現場レポート(MHクリニック)

増築部分は来週から内装工事が始まります。
予定より少し早く、何とか完了検査を受けられる目途が付きました。

今回の増築工事の最大の難関は、既存クリニック部分は通常診療を行いつつ、
増築と既存部分を接続させなくてはいけないという点ですが、
今後の外壁撤去工事及び内部改修工事は引き続き
工程、工法等ミスがない様、各業者間連携し進めていきたいと思います。

d0321904_12072303.jpg






外壁サインの大きさも丁度良く安心しました。
あの日強風の中、現場の皆さんの協力で原寸サイズの確認を行えて良かったです。
取付位置も、U院長先生と新鮮市場の上の敷地から実際確認し決めた
この位置で正解だったと思います。
d0321904_12074071.jpg






もう春ですね。
d0321904_12075994.jpg




# by t-associates | 2019-03-14 13:41 | MHクリニック(大分県豊後大野市) | Comments(0)

現場レポート(大分 MHクリニック)

1月中旬に鉄骨建て方が完了し、
d0321904_23504700.jpg



d0321904_23464921.jpg






現在、外部サッシの取り付け、外壁、屋根工事が完了。
d0321904_23470826.jpg





内部の工事(設備機器の吊り込み、配線、配管の施工等)急ピッチで進んでいます。
d0321904_23472971.jpg





d0321904_23474650.jpg




# by t-associates | 2019-02-25 23:57 | MHクリニック(大分県豊後大野市) | Comments(0)

お雛様

今年で12回目となるお雛様の飾りつけが終わりました。
毎年、3月3日直前で飾りつけをしていましたが
今年は少し(?)余裕をもって完了です^^。



d0321904_22135571.jpg





d0321904_22141660.jpg






d0321904_22142767.jpg





d0321904_22144189.jpg





d0321904_22175959.jpg

お雛様には見向きもしなくなったおてんば娘達ですが、
のびのび明るく健康に成長してくれていることに感謝です。

# by t-associates | 2019-02-24 22:33 | Comments(0)

アトリエ探訪

先日、大分県のとある廃校になった校舎にアトリエを構える
美術家KANAさんのアトリエにおじゃまさせて頂きました。


パステル調のほんわかした色使いの作品が、
今回のプロジェクト「きらりん」にどんな風にちりばめられるのか、

とても楽しみです♪


d0321904_11474848.jpg





d0321904_11525435.jpg





d0321904_11540390.jpg







# by t-associates | 2019-02-13 23:14 | Comments(0)

鉄骨製品検査

一昨日、三重東クリニック 鉄骨製品検査の立会いの為、豊後高田市にある
日興製作所さんに行ってきました。

d0321904_22241597.jpg




まずは、超音波探傷試験による溶接不良個所の有無の確認を行いました。
事前に第3者機関による試験済の為、柱脚部、柱梁接合部の数か所を指定し、
直接超音波の波形を確認しました。

この試験は材料内に超音波を伝搬させ、反射した信号を波形として読み取り
溶接内部の欠陥(傷、ブローホール、スラグ巻き込み等)を確認する試験です。
特に手直しが必要な溶接不良個所はありませんでした。
d0321904_22243147.jpg





その後は鉄骨部材の原寸検査を行いました。
全て許容誤差範囲に収まっており、合格です!
d0321904_22244906.jpg



d0321904_22251298.jpg


d0321904_22253349.jpg

今週から予定通り鉄骨の建て方工事が始まります。





# by t-associates | 2019-01-10 21:03 | MHクリニック(大分県豊後大野市) | Comments(0)

祝1周年

先日年末のご挨拶で、久しぶりにおじゃま致しました
北九州門司区にある吉村こどもクリニックさん。

この日もたくさんの患者様が来られていました。
この時期、インフルエンザや風邪等、小さなお子さんを抱える
お母さん方にとってはとっても大変な時期です。

そんなお母さん方の強い味方、
とっても頼りになる和子先生♪

早いもので開院1周年、おめでとうございます。



d0321904_09054474.jpg



# by t-associates | 2019-01-08 00:40 | Yこどもクリニック(福岡県北九州市) | Comments(0)

HAPPY NEW YEAR


新年あけましておめでとうございます。

2019年、進行中のプロジェクトの竣工に向けて、また新たなプロジェクトの始動に向けて、
本年も宜しくお願い申し上げます。



d0321904_18190665.jpg
皆様にとって幸せな一年でありますように。





# by t-associates | 2019-01-05 18:34 | Comments(0)

Happy Holidays!



素敵な休日をお過ごしください♪
d0321904_22430644.jpg


山口県萩市 わたぬきクリニックさん 竣工アルバム完成致しました!
完成写真は近日中にアップします。







# by t-associates | 2018-12-22 11:16 | Wクリニック(山口県萩市) | Comments(0)

現場レポート(MHクリニック)

昨日、大分県豊後大野市 三重東クリニックさんの杭施工の立会いに行ってきました。
今回は羽根付鋼管杭という、杭の先端に羽根状の刃が付いた杭を採用。

鋼管杭は環境にやさしく、その他、低騒音、低振動、重機が比較的小型
などなどのメリットがあります。


今回計画敷地の真下に「水みち」と呼ばれる地下水の通り道があることが
地質調査により判明していました。
ベントナイト液(孔壁の崩壊防止用の液)使用する工法の場合、万が一水みちに接触してしまうと
その溶液が地下水と共に流れ出し周辺地域への水質に影響を及ぼす恐れがありました。

よって最大の採用理由は「土壌への環境汚染なし!」という点です。





10時より杭工事開始
d0321904_22430320.jpg




d0321904_22472451.jpg






溶接個所はカラーチェックと呼ばれる浸透探傷検査にて確認しました。
まず溶接個所に赤い浸透液スプレーを吹き付けます。この時溶接部分にひび割れや穴
等の溶接不良箇所があった場合、そこに浸透していきます。

その後、白色の現像液を吹きかけると、仮に不具合箇所があった場合は
その箇所から浸透液が滲み出て欠陥箇所を発見するという方法です。


今回は認定工法の為、通常はこのカラーチェックまでは
されないとの事でしたが念の為、業者さんにお願いし実施してもらいました。
当然、不良箇所なし!でした。
d0321904_22431219.jpg






支持地盤まで杭が十分到達したこともしっかり確認しました。
確認方法は、杭を回転させて地中にねじ込んでいく際の
回転トルク値(抵抗値)と杭1回転当たりの貫入量の数値にて確認します。
d0321904_22475234.jpg





# by t-associates | 2018-12-04 10:21 | MHクリニック(大分県豊後大野市) | Comments(0)

tokyo2018


大学院時代の台湾人の友人が、現在仕事で横浜に滞在中ということで、
約16年振りに、当時の友人4人で東京に集合!
思い出話が尽きることなく、楽し過ぎる3日間を過ごしました。




何度来ても魅力的な南青山です。


PRADAは竣工から15年、全く当時のままです。
何度見てもきれいです。
d0321904_22081906.jpg



d0321904_22082995.jpg







今回のお目当ては・・・ここ根津美術館でした。
d0321904_22093588.jpg

昨年、ここまで来たのにまさかの休館日。
今年やっとリベンジ出来ました。





メインエントランスに向かうアプローチは大きな軒下空間になっており、
これから始まる別世界へ静かに誘う、そんな空間でした。
d0321904_22265450.jpg






展示物の背面は大きなガラス、そしてその向こうには庭園が広がり、
視覚的開放感がありつつ、軒の深さが作り出す落着いた雰囲気のホールでした。
d0321904_22250612.jpg




d0321904_09103353.jpg






d0321904_22104458.jpg



d0321904_22211266.jpg




d0321904_22105837.jpg




本館の奥には見事な庭園が広がります。
都会の喧騒を忘れ、しばし散策を楽しみました。
d0321904_22111785.jpg




d0321904_10123762.jpg








# by t-associates | 2018-11-05 18:24 | 建築探訪 | Comments(0)