外壁改修 完了

昨年11月からスタートした外壁改修工事、無事完了致しました。



↓改修後(西面)
外壁改修 完了_d0321904_19504383.jpg




↓改修前(西面)
外壁改修 完了_d0321904_19505695.jpg






↓改修後(東面)
外壁改修 完了_d0321904_09284389.jpg






↓改修前(東面)
外壁改修 完了_d0321904_09265080.jpg






↓屋根(改修後)
外壁改修 完了_d0321904_20134510.jpg



↓屋根(改修前)
外壁改修 完了_d0321904_20135896.jpg
既存屋根はコロニアル葺きで、部分的に割れや欠けが
多数発生しており、今回のどのように改修するか、
以下のパターンで検討しました。

①既存コロニアルを全撤去し、再度防水の上
コロニアル葺きまたは金属葺き。

②既存コロニアルはそのままとし、その上から金属葺き。

③既存コロニアルはそのままとし、アスファルト
ルーフィングの上、アスファルトシングル葺き。


最終的には、
・防水性は向上しつつ、建物に負担が少ない
・撤去費用や処分費がかからない
・次回の改修時(25年後を想定)の施工のしやすさ
・コストパフォーマンス性
等をトータル的に検討し③を採用しました。



↓共用廊下(改修後)
外壁改修 完了_d0321904_19525266.jpg
画像ではわかりづらいですが、床は外部用シートを新しく貼り、
雨垂れで汚れが目立つ手摺壁の内側は濃いめの色を採用しました。
軒天、内壁も全て塗装し直し、見違えるようにきれいになりました。






↓改修前(共用廊下)
外壁改修 完了_d0321904_19530017.jpg



建物を維持するためには必ずいつかはやってくる
外壁や防水の改修工事ですが、適切な時期に適切な処置を
しておくことで、建物の不具合を最小限に抑え、
結果としてトータル的なメンテナンス費用も抑えることが
十分可能です。




by t-associates | 2022-02-25 20:38 | Comments(0)