梅雨明け

今年はあっという間に梅雨が明け、と同時に
猛烈な暑さが続いております。


昔ながらの日本家屋は大きな屋根や軒により、夏の強い日差しを遮り、
また軒下からの風が心地良く感じられます。

日本独自の気候条件をうまくコントロールした
昔ながらの住まいの空間は
学ぶべき要素がたくさんあります。

梅雨明け_d0321904_16245589.jpg




梅雨明け_d0321904_14470510.jpg




梅雨明け_d0321904_18121382.jpg





梅雨明け_d0321904_14415719.jpg



梅雨明け_d0321904_16432125.jpg





梅雨明け_d0321904_16353419.jpg





梅雨明け_d0321904_14420618.jpg





梅雨明け_d0321904_14501780.jpg


今年も暑い夏が到来しました。
どうぞご自愛くださいませ。






# by t-associates | 2022-06-30 15:24 | nature | Comments(0)

リフレッシュ

今年も特殊建築物定期報告の調査がぼちぼち始まり、
先日某医療法人さんへ伺ってきました。


コロナの自粛も早3年目。
外食する事はほんとに減りましたが、
仕事先ではそうもいきません。


調査の合間で待ち時間が出来たので
近くで見つけたレストランに入りました。


生スパゲッティ(フィットチーネ)、美味しかったです。
スタッフHちゃんはデザートも楽しんでいました^^
リフレッシュ_d0321904_18403595.jpg





その翌日はインドカレー♪
リフレッシュ_d0321904_18405596.jpg



プチお疲れ様会で美味しいものを頂きリフレッシュ出来ました。



さあ、引き続きコロナに負けず新しいプロジェクトに向けて
頑張りましょう♪。





# by t-associates | 2022-04-22 18:59 | 建築探訪・その他 | Comments(0)

最終プレゼン

先日、某医療法人さんの施設計画最終プレゼンが終わりました。
今回、設計条件に細かな定めがなく、各々が考えうる条件を仮定し提案を行う
という少々難しいアプローチでしたが、最終的に我々の考える、この場所でこの
施設にふさわしい一つの形を提案出来たと思います。




最終プレゼン_d0321904_08443797.jpg





最終プレゼン_d0321904_08583227.jpg
今回の計画のポイントは以下3点に焦点をあて計画案をまとめました。
①既存の状況を把握し、計画段階からの法的アプローチの工夫によって
既存改修の費用を最小限に抑える。

②コストダウンを図りながらも入居者の居住空間の快適性及びスタッフが働きやすく
作業効率の良いバランスのとれた空間構成

②計画建物を建てることにより、既存建物と相互作用が期待できる配置計画
 ・既存の建物の持つ雰囲気を大切に、新たな建物との関係性を築ける
  外部空間(中庭)を中心とした配置計画





最終プレゼン_d0321904_09343131.jpg



・自分たちが入居する立場だったら
・自分たちの家族が入居するなら
・自分たちが働く立場だったら
・自分たちが運営する立場だったら

常に多角的な視点でのアプローチを心がけています。







# by t-associates | 2022-04-20 10:20 | Comments(0)

励みになる存在



グラフィックデザイナーの友人が手掛けたプロジェクトの
商品がぞくぞく完成!
ということで台湾より素敵な
ギフトを度々送ってきてくれました。


励みになる存在_d0321904_18534130.jpg





励みになる存在_d0321904_18535032.jpg




励みになる存在_d0321904_14220439.jpg




励みになる存在_d0321904_14221437.jpg

(design by 王大創意設計/台湾)


パッケージデザインやロゴデザイン等を手がけたとのことで、
ボックス、ラベル、紙袋等
隅々まで楽しませてもらいました^^

キーホルダーは彼女のオリジナルブランドの商品で、
今回新しく製作したとのことでした。

大学院時代はビジネスを専攻していた彼女が、
今こうしてデザインの分野で活躍していることが
何よりも嬉しく、私自身の刺激になります。


good job, Wanda!





# by t-associates | 2022-04-04 20:50 | 建築探訪・その他 | Comments(0)

外壁改修 完了

昨年11月からスタートした外壁改修工事、無事完了致しました。



↓改修後(西面)
外壁改修 完了_d0321904_19504383.jpg




↓改修前(西面)
外壁改修 完了_d0321904_19505695.jpg






↓改修後(東面)
外壁改修 完了_d0321904_09284389.jpg






↓改修前(東面)
外壁改修 完了_d0321904_09265080.jpg






↓屋根(改修後)
外壁改修 完了_d0321904_20134510.jpg



↓屋根(改修前)
外壁改修 完了_d0321904_20135896.jpg
既存屋根はコロニアル葺きで、部分的に割れや欠けが
多数発生しており、今回のどのように改修するか、
以下のパターンで検討しました。

①既存コロニアルを全撤去し、再度防水の上
コロニアル葺きまたは金属葺き。

②既存コロニアルはそのままとし、その上から金属葺き。

③既存コロニアルはそのままとし、アスファルト
ルーフィングの上、アスファルトシングル葺き。


最終的には、
・防水性は向上しつつ、建物に負担が少ない
・撤去費用や処分費がかからない
・次回の改修時(25年後を想定)の施工のしやすさ
・コストパフォーマンス性
等をトータル的に検討し③を採用しました。



↓共用廊下(改修後)
外壁改修 完了_d0321904_19525266.jpg
画像ではわかりづらいですが、床は外部用シートを新しく貼り、
雨垂れで汚れが目立つ手摺壁の内側は濃いめの色を採用しました。
軒天、内壁も全て塗装し直し、見違えるようにきれいになりました。






↓改修前(共用廊下)
外壁改修 完了_d0321904_19530017.jpg



建物を維持するためには必ずいつかはやってくる
外壁や防水の改修工事ですが、適切な時期に適切な処置を
しておくことで、建物の不具合を最小限に抑え、
結果としてトータル的なメンテナンス費用も抑えることが
十分可能です。




# by t-associates | 2022-02-25 20:38 | Comments(0)